福岡ローマン

4月の福岡ローマン渓谷オートキャンプ場にてお花見キャンプ

@campforlife8がお届けします。2019年初、平成最後のキャンプに福岡ローマン渓谷オートキャンプ場へ一泊二日でキャンプに行ってきました。名古屋から高速で2時間くらいで行けて、チェックアウトも遅めなのでゆったりとキャンプすることができて大満足なキャンプでした。

サイトの紹介

福岡ローマンサイト紹介

福岡ローマンはサイトの作りにかなり特徴があります。1ブロック4区画のサイトが敷地内に広場を中心に三角形に配置されています。4区画を1ブロックにするというサイトの作りを福岡ローマン以外に知りません。

初めてサイトを利用した時は戸惑いましたが、2回目以降はスムーズに設営できます。1ブロックの真ん中を車の通り道に空けておくのが暗黙の了解です。

お隣のサイトとの境界線がないので戸惑ってしまいますが、電源ボックスとサイトの植木を頼りに境界線らしき位置に車を停めます。グルキャンととても相性の良さそうなキャンプ場です。

サイトの広さ

サイトの広さ

そこそこの広さがあります。約10m×10mでしょうか。よほど大型のテントでなければ、テントとタープを張ってゆったりとしたスペースがあります。

サイトロケーション

今回で2回目の利用なのですが、区画によってサイトの雰囲気がかなり変わることを知りました。前回は木が多くて地面が草に覆われていたサイトでしたが、今回は木が少なくて日当たりの良いサイトで地面は石がゴロゴロしていました。マットやコットを上手く使って寝心地を良くしないと、眠れなくて疲れが取れませんのでご注意を。

場内の案内

場内

良く考えられたキャンプ場だと思います。三角形に配置することによってどのサイトもトイレと中央の広場にアクセスしやすいです。特にトイレの位置が秀逸です。三ヶ所にトイレを配置することによってどのサイトからもトイレへストレス無く行けるようになっています。

付知川

キャンプ場内を流れる付知川はとても綺麗です。流れの穏やかな場所があるので川遊びに最適です。夏場は大勢のお客さんで賑わいそうです。

広場

場内に遊具はありませんが、広場でのびのびと遊べます。立派な桜の木がとても綺麗でした。うちの子も含めて、有料の貸し出し自転車で遊んでいる子が多かったです。広場前の通路でキックボードやブレイブボードで遊んでいるお子さんも多かったです。場内を車で通行する際は最徐行でご注意を!

場内の気温

気温

日中は20℃くらいありましたが、明け方は冷え込みました。4月初旬のキャンプだと急に冷え込む可能性があるので、防寒対策は万全にした方が良さそうです。

場内のトイレ・水回り

トイレ外観

老舗キャンプ場という感じで、施設全体に年季が入っていますが、綺麗に清掃されていて快適に使えます。僕が利用したトイレはウォッシュレットになっていました。場内にお風呂があるのでファミリーキャンプにはとても助かります。お風呂には備え付けの石鹸とシャンプーが無かったのでご持参ください。

本日のキャンプ

キッチン

購入したばかりのワーカーズオカモチをキャンプに投入しました。気になっていたサイトのキッチンの散らかり具合が少しマシになったかもしれません。オカモチはでかいですが、使い勝手が良くて圧倒的な存在感があります。

キャンプ飯

子供達にほとんど食べられてしまって、料理の写真がほとんどありません(笑)ブイヤベースっぽいスープを作ろうとしたら、煮詰まってしまったので急遽パスタに変更しました。臨機応変に対応しないとキャンプはできません。

キャンプ場のオススメポイントまとめ

アクセスは中央道の中津川インターから20分ほどで、チェックアウトが14時なので場内でゆっくり過ごせます。さすがの昔からある有名キャンプ場というだけあって、管理人さんも親切で安心感があります。マナーの良いキャンパーさんが多い気がします。場内にお風呂があって、夏場以外は適度な混雑具合なので初心者さんがキャンプデビューするのに丁度いいキャンプ場だと思います。

周辺観光

キャンプ場周辺に穴場の観光スポットがたくさんあります。昨年のキャンプでは苗木城跡に行ってきましたが、今回のキャンプでは馬籠宿に行ってきました。キャンプ場から30分ほどで到着しました。昔の街並みに趣があって、適度な広さがキャンプ帰りの観光にぴったりでした。食べ歩きをしたりお洒落なカフェでコーヒーを飲んだりと家族で楽しんできました。

馬籠

馬籠


最後まで読んでいただいてありがとうございました。

良いキャンプライフを!

岐阜のキャンプ場の最新記事4件