キャンプ初心者にオススメのテント|必要なスペックを解説

@campforlife8がお届けします。
キャンプを始めたいんだけど、テントってどれを選んだらいいの?

初めてテントを購入する方は、思いのほかテントの種類が多くて戸惑ってしまう方も多いのではないでしょうか?

テントを選ぶときに役に立つ知識と選び方をできるだけカンタンに紹介します!

フライシートとは

フライシート

公園などで使うポップアップテントのように一重構造のテント(シングルウォール)と、フライシートとインナーテントに分かれた二重構造のテント(ダブルウォール)があります。
ダブルウォールのテントの外側の生地のことをフライシートと呼びます。
日本の気候は湿度が高いので、ダブルウォールじゃないと寝ている間にテント内が結露して濡れたりすることがあります。
初心者の方はダブルウォールのテントを選びましょう。

ドーム型テントとは

リビングとしての機能がない、寝るためのテントと理解してもらって大丈夫です。

天井高はテントによりますが、大人は立てない高さです。

テントによっては前室と呼ばれるスペースに物を置くことができます。

2ルームに比べるとテントのバリエーションが少なく、基本的な構造はどのテントも同じです。

インナーテントの設営方法やポールの構造がテントごとに違っているだけだったりします。

ファミキャン初心者にはドーム型をオススメします。スノーピークのアメニティドームやコールマンのタフワイドドームが有名です。

2ルームテントとは

先ほどのドーム型テントの前室だった部分にチェアとテーブルを置けるくらい広くなっていて、リビングとして過ごせるようになっています。

天井は高く大人が立って過ごせます。

ロッジ型だったり2ポール型だったりバリエーションが豊富です。

ファミキャンを続けているといずれは2ルームが欲しくなってくると思います。

雨の日や寒い日のキャンプではドーム型より断然快適に過ごせます。

ただし、設営が大変なので初心者の方にはあまりオススメできません。

使用人数の確認が必要

お店で買う場合は、テントの大きさを確認してから買えるので問題ありません。

しかし、ネットで購入する場合は使用人数をしっかり確認して、狭くて寝られないということがないようにしましょう。

テントに記載されている使用人数のスペックをチェックするのはもちろんですけど、ブログなどで実際に使用している人の使用感をしっかり見ましょう。

テントによっては、4人使用のテントに4人で寝ると、荷物の置き場所がなくて困ったということもあります。

いくらのテントを買えば良いの?

選び方は二通りだと思われます。

とにかくコスパ重視のテントを選んでまずはお試しでキャンプをするか、しっかりと良い物を選んで長く使うかです。

どちらがオススメかは皆さまのご判断にお任せしますが、筆者はコスパ重視のテントでお試し感覚でキャンプを始めました。

実際にキャンプをしてみないとテントの違いが分からないですよね。

コスパ重視のテントの選び方

筆者の個人的な意見だと、amazonで口コミの良いテントの中から気に入ったものを買うのがベストだと思います。

「実物を見なくて大丈夫?」と思われるかもしれませんが、筆者はテントとタープを実物を見ずに購入しています(笑)

ネットの口コミが頼りになってくるので、筆者も所有するギアを随時アップして皆さまのお役に立ちたいと思っています。

長く使うテントの選び方

こちらの方は店頭で実物を見て購入することをオススメします。

お店によっては設営を体験させてもらえます。

筆者がキャンプをしてきた感想ですが、最初のテントはドーム型をオススメします。

長く使うテントを選ぶ際は、中古でいくらで売れるかもチェックしておいてください。

やっぱり買い換えたいとなった時に、人気のあるテントだと定価からの値下がりが少なく高く売れますよ。

最後に重要なポイントは、惚れたテントを買うことです。

きっと満足して長く使い続けられます。

キャンプに必要なもの:まとめ

キャンプに必要なものを網羅的に知りたい方は、以下の記事をチェックしてください。

関連記事

[su_button url="https://twitter.com/campforlife8" target="blank" style="soft" background="#ffffff" size="10" radius="20"[…]

キャンプ道具選びの画像

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

良いキャンプライフを!