【キャンプ】ファーストエイドキットの中身

キャンプのファーストエイドキット
キャンプのファーストエイドキットは何を用意すれば良いの?
@campforlife8がお届けします。
わが家のファーストエイドキットの中身を参考にしてください。

キャンプではちょっとした怪我と体調不良はつきものです。

ケガや体調不良の時に頼りになるのがファーストエイドキットです。

この記事ではこれからキャンプに行く方、始めたばかりの方で特にお子さんと一緒にキャンプをされる方に向けた記事となっております。

この記事を読み終えるとファーストエイドキットの重要性と準備する物の知識が身につきます。

ファーストエイドキットとは

筆者のファーストエイドキット

キャンプで使う救急箱のことです。

キャンプでのちょっとしたケガや病気の応急処置に使う医薬品等を入れておきます。

入れ物自体は何でも構いません。強いて言うなら、薬を入れておくので固めのボックスが良いでしょう。

いざ必要となった時に慌てずにサッと取り出せるようにいつも決まった場所にしまっておくことをオススメします。

ファーストエイドキット入れは特にお洒落さを求めていないので、妻がチャレンジのおまけで貰ったロゴスのポーチを使っています。

中身:わが家の場合

ファーストエイドキット中身

常備薬

医薬品は普通にドラッグストアで買ったものです。

薬は食品保存容器にまとめています。

常備薬には風邪薬と胃腸薬、あとはできれば解熱剤があれば急病に対処できます。

虫刺されの薬

虫刺されの薬は、ちょっと蚊に刺された時に塗るムヒと蜂やムカデ用に強力な虫刺され薬があると万全です。

絆創膏

うちの子だけかもしれませんが、怪我をした時に絆創膏を貼ると落ち着いてくれるので欠かせません。

ポイズンリムーバー

ポイズンリムーバーとは注射器のような形をした器具で、虫に刺された時に応急処置で毒を吸い出してくれます。

ポイズンリムーバーはネットで買いました。

筆者の経験からオススメする理由

キャンプでは急に体調を崩したり怪我をしたりすることもあるので、お子さんだけでなく大人にもファーストエイドキットは役立ちます。

グルキャンをした時に、ドライバーの方が体調を崩したことがあって筆者の常備薬が役立ったことがありました。

これもうちの子だけかもしれませんが、蚊に刺されたらムヒを塗ると安心してくれるので忘れないようにしないといけません。

ちょっとした傷はキャンプに付きものなので絆創膏は常に補充しています。

ポイズンリムーバーを使うと虫刺されの痒みが多少和らぐ気がします。

まとめ

アレもコレも詰め込むとファーストエイドキットの管理が大変になってきます。

必要なものを絞り込んでおいた方が、いざという時にサッと取り出せて便利です!


最後まで読んでいただいてありがとうございました。

良いキャンプライフを!