【キャンプ飯】簡単グラタン|シングルバーナー1つで

キャンプでグラタンってどうなのかな…

キャンプでのグラタンはガストーチを使えば、簡単に作れるのでオススメです。

この記事では、キャンプ場での調理が楽になる自宅での準備からグラタンの調理方法までをご紹介しています。

よろしければ、この記事を読んでキャンプ飯のレパートリーにグラタンを加えてくださいね。

必要な調理器具

  • スキレット(ダッチオーブンでも勿論OK)
  • シングルバーナー
  • ガストーチ

キャンプで作るグラタンの最大の難関はチーズを溶かして焦げ目をつけることです。

ガストーチを使えば短時間かつ簡単にグラタンを完成させることができるのです!

ガストーチを使わずにグラタンを作ろうとすると、スキレットに蓋をして炭や焚き木を載せて上火でチーズに焦げ目をつけることになります。

ガストーチを買ってはみたものの、あまり出番が無いという方は是非グラタン作りに使ってみてください。

材料(二人分)

  • マカロニ 50g
  • 玉ねぎ 1/2個
  • サラダチキン 1パック
  • とけるチーズ 適量
  • コンソメのもと 適量
  • 牛乳 1カップ
  • 小麦粉 15g
  • 塩・コショウ 適量

自宅での準備

キャンプ場での調理を楽にする重要なポイントがいくつかあります。

手間はかからないので、ぜひ実践してくださいね。

マカロニ

密閉容器に入れて水に浸けておきます。

マカロニがふやけてキャンプ場での茹で時間を短縮することができます。

ホワイトソースの素

牛乳、小麦粉、コンソメのもとを密閉容器に入れます。

泡立て器などで小麦粉のダマが無くなるまで混ぜます。

玉ねぎ

自宅で薄切りにしておきましょう。

キャンプ場での包丁作業を減らしておくと楽ですよ。

作り方

①玉ねぎを炒める

スキレットを熱して適量の油をひき、玉ねぎを焦がさないようにしんなりするまで炒めてください。

②サラダチキンを加える

サラダチキンが温まる程度に軽く炒めてください。

③マカロニを加える

水につけておいたマカロニを加えてください。

マカロニが、かぶるくらいの水を加えてください。

あらかじめ水に浸けてあるので、すぐに火が通ります。

④ホワイトソースを加える

全ての具材が柔らかくなり食べごろになったら、ホワイトソースの素を加えて仕上げます。

自宅で混ぜておいたホワイトソースの素を加えると、すぐにとろみがつきます。

火にかけすぎると固くなるので、注意しながらかき混ぜてください。

⑤溶けるチーズをかける

ホワイトソースにとろみがついたら、塩・コショウで味をととのえます。

最後に溶けるチーズを表面に散らして、ガストーチで焦げ目をつけて完成です!

まとめ

寒いキャンプで熱々のグラタンを頬張ると、マジで幸せな気持ちになれます。

よかったらみなさんもキャンプでグラタンを作ってみてください。

キャンプで作りやすいように、材料は少なくシンプルにしてみました。

蓋をして炭をのせるよりも、ガストーチで炙った方が作りやすいので、ガストーチをおすすめします。

一連の作業を動画にしたので、よかったらご覧ください。