キャンプでコーヒーを淹れたい人が揃える道具を完全解説

この記事にはキャンプでコーヒーを楽しむためのコーヒー道具を絶対に必要なものから徐々に増やしていくことを順を追って解説しています。

@campforlife8がお届けします。キャンプを始めて良かったなーと思うことの一つに、コーヒーの楽しみ方が増えました。キャンプ場で淹れたてのコーヒーを飲むのは本当に最高です。皆さまにもキャンプ場で至福の一杯を楽しんで欲しいという思いからこの記事を作成したので、どうぞ最後までお付き合いください。

ステップ0:最初はとにかくコーヒーを飲めば良い

初めてのキャンプが小さなお子さんを連れてのキャンプだと、慌ただしくてコーヒーを淹れる時間もないんじゃないかと思います。そういう時はハードルをグッと下げて、缶コーヒーや容器入りのコーヒーでコーヒーを楽しんじゃえば良いですよ。豊かな自然に囲まれてコーヒーを飲むだけで至福のコーヒータイム間違いなしです。僕は3歳の娘とキャンプを始めたので、最初の頃はそうやってコーヒーを楽しみながら、いつかミル挽きのコーヒーを飲める日が来ることに期待を膨らませていました。

ステップ1:お湯を沸かす道具を揃える

お湯さえ沸かせればインスタントコーヒーだってドリップバッグ式のコーヒーだって楽しめます。初めてのキャンプやキャンプを始めたばかりで時間的に余裕のない方は、お手軽にお湯を沸かしてコーヒーを楽しんでみてはいかがでしょうか?そういえば、昔のGOLD BLENDのCMは野外でコーヒーを飲んでいたような。

最低限、シングルバーナーとクッカーかケトルがあればお湯を沸かしてコーヒーを楽しめます。

ステップ2:お気に入りコーヒーマグを持っていく

言い過ぎかもしれませんが、コーヒータイムに欠かせないものといばお気に入りのコーヒーマグですよね。自宅で愛用しているマグを持って行ってもちろん大丈夫ですが、割れない素材のものを持って行きましょう。アウトドア用のものだとホーローやチタンやステンレスやプラスチックなど意外と種類がたくさんあります。機能的にオススメなのは取っ手が折りたたみ式のものと保温できるものです。

ステップ3:ドリッパーを用意する

最初はアウトドア用の折りたたみ式のドリッパーじゃなくて自宅にあるドリッパーを持っていけば全然OKです。あとはペーパーフィルターとコーヒーの粉さえあればキャンプ場で淹れたてのレギュラーコーヒーを楽しむことができます。キャンプに慣れてくると地味にドリッパーのかさ張り具合が気になってくるので、その時に買うと良いです。要らないと思えば、ぶっちゃけ無理して買う必要は無いです。

ステップ4:コーヒーミルを用意する

憧れの、キャンプ場で挽きたてのコーヒーを楽しむ時がついにきました。コーヒーミルはキャンプに適したコンパクトなタイプを買うことを強くオススメします。このレベルになってくると、おそらくキャンプ道具が一通り揃って少しでも無駄な荷物を減らした方が良いと思われるからです。お気に入りのコーヒー豆を見つけて存分にキャンプのコーヒータイムを楽しみましょう。コーヒービーンズキャニスターがあるとコーヒー豆の持ち運びに便利ですよ。

ステップ5:必要じゃ無いけど便利なコーヒー道具

ステップ4まで揃えれば充実のコーヒータイムを過ごすことができますが、あえて買わなくても良いけど便利なコーヒーグッズをご紹介します。

真空トラベルプレス

スタンレーの真空トラベルプレスは簡単にフレンチプレスを楽しむことができます。コーヒーの粉を入れてお湯を注いで、5分経過してプレスをしたらコーヒーができているという優れものです。キャンプの忙しい朝にお湯を入れてほったらかしておけるのはポイントが高いです。キャンプだけじゃなくて家でも大活躍です。ただ、ものぐさな筆者にはコーヒー豆を捨てるのがちょっと面倒くさい…

真空グロウラー

スタンレーの真空グロウラーはビールを入れておくためのボトルですが、多めに作ったコーヒーを保温しておくのに便利です。僕は氷を入れてアイスコーヒーを作るのに使っています。


最後まで読んでいただいてありがとうございました。

良いキャンプライフを!