ブッシュクラフト読本

【オススメ本】ブッシュクラフト読本を教科書にして親子でチャレンジします

@campforlife8がお届けします。

長谷部雅一氏の著作、

「ブッシュクラフト読本」を購入して、

子供と一緒にブッシュクラフトに挑戦しようと思います。

肝心の本の内容なんですけど、

僕が求めていた、

ガチ過ぎない丁度良いブッシュクラフトができそうです。

もちろん、

バックパック一つで森に入って行く、

本格的なブッシュクラフトのやり方も書かれています。

この本を手に取ったきっかけ

みなさんはキャンプで何をして過ごしていますか?

突然ですが、

キャンプで新しい遊びを始めようと思います。

実は最近のキャンプがマンネリ気味になっていまして、

設営して子供は遊具で遊んで、

いつものご飯を作ってテントで寝て撤収して温泉に寄っておしまいみたいな。

最初はそれも凄く貴重な体験だったんですけど、

5年も続けていると、

ワンパターンになってきました。

そこで、

いつものキャンプにちょい足しのブッシュクラフトを取り入れてみようと思いました。

がっつり本格的なブッシュクラフトじゃなくて、

子供と一緒に落ちている木を拾ってナイフで工作をするようなイメージです。

早速、

インターネットで「ブッシュクラフト 親子」を検索してみたんですけど、

どこかのイベントだったり本格的すぎるやつだったりしか表示されなかったんですよね。

じゃあ、

自分で始めて発信すればみなさんのお役に立てる記事ができるんじゃないかと思い立ちました。

まずは、

ブッシュクラフトを始めるために購入した本をご紹介します。

この本に書かれているブッシュクラフトの難易度

思っていた通り、

子供と一緒に作れそうな難易度のクラフトがたくさん載っています。

動物のオブジェを作ったら子供は喜びそうです。

ポットハンガーのような本格的なクラフトも載っていますけど、

写真が多くて作り方がわかりやすいです。

 

当初の目的からは逸れてしまいますけど、

火起こしなどの野営スタイルがアウトドアの勉強になります。

唯一の不満点は、

焚き火料理のレシピの数が4つと少ないことです。

この本がオススメの人

もちろん、

これから本格的にブッシュクラフトを始めたい人の入門書に、

もってこいの本です。

この本が良いと思ったのは、

ガチでブッシュクラフトに取り組もうとしている人達だけでなく、

親子でキャンプにちょこっとクラフトを取り入れたい自分のニーズを満たしくれる内容だったところです。

Amazonで購入したため、

本の内容を詳しく見ることができなくて不安な面もありましたけど、

期待していた以上に満足できる内容でした。

著者のアウトドアの知識と技術はもちろん優れていましたけど、

特に写真が素晴らしかったです。

この本を教科書にしてやりたいこと

うちの子の性格なんですけど、

恥ずかしがり屋で消極的なところが親として心配しています。

そんな中、

この前参加したイベントのワークショップの竹箸作りに夢中になっている子供の姿を見て、

自然の素材を使ってクラフトに取り組んだら子供に良い影響を与えられそうな気がしました。

子供の創造性を育んで刃物の扱い方を学んで欲しいと思ったので、

どうなることやら分かりませんけど、

ブッシュクラフトに挑戦してみたいと思います。


最後まで読んでいただいてありがとうございました。

良いキャンプライフを!